事例紹介

整理収納事例 |インテリアコーディネート事例

■整理収納の作業内容を動画にまとめました。ぜひご覧ください。


 

■K様(男性一人くらし)事例

ba-01

ba-02

—-お客様からの感想—-
金城先生、先日はありがとうございました。
おかげさまで、部屋はその後も綺麗な状態が維持できています(^^)
実は、正直に言うとサービスを受ける前は、散らかっているところやプライベートな部分を見られるのは恥ずかしい、収納する場所がたぶん足りない、自分では大切な物でも要らない(捨てるべき)と言われると嫌やなぁ、その場では片付いても自分の性格ではまた散らかるやろなぁと思っていました。
でも、実際に整理収納をして頂いて、さすがプロ!という感じで淡々と作業が進んでいき、見られるのが恥ずかしかったのは最初だけでした。
個人情報が記載されている書類なども、分類する前に「触っても大丈夫ですか?」などと聞いて下さったので安心感がありました。
作業を終えてみるとスッキリ収納出来て驚きました!
作業前より部屋のスペースが凄く広くなって気持ちいいです。
要るものか要らないものかの判断は、すべて私に委ねてくれたので、自分的に大切な物は捨てる必要が全くなくてホッとしました(^^) という感じで来て頂く前の不安はホント杞憂でしたね!
今では、勇気を出して(笑)整理収納サービスをして頂いて本当に良かったなぁと思っています。サービスを受ける前は、自分の性格だとまた散らかって元通り!のパターンが脳裏をかすめていましたが、
私の行動パターンを考えて収納場所を決めて下さったので、自然と綺麗な状態が維持できています。
帰宅後に日によって置く場所がバラバラなのが原因と指摘して頂いた郵便物も、帰宅後にまず向かう動線上に置き場所を作って頂いたおかげで、今は帰ったらまずそこに置く習慣ができました。
置く場所が決まっているというのが普段からの整理整頓にとても大事なんやなぁととても勉強になりました。
最初は見られるのが恥ずかしいという気持ちがありましたが、「他人から隠したい」と思っていた場所こそ、その後の効果が大きかったと思います。
今は家が片付いていることで、家に居るときの気持ち良さが依然と全然違います。
本当に感謝感謝です!ありがとうございました!

 


■H様邸整理収納事例
—-ご依頼のきっかけ・悩み—-
お子様たちがおもちゃを散らかし、自分たちで片付けができない、自分もどこになおしたらよいのかわからず、遊びたい時にそのおもちゃがみつからないのが悩み。リビングの延長の和室にあるのでお客様が来た時に困っている。

—-解決・提案—-
遊ぶおもちゃをそれぞれにグループ分けしておもちゃのお家(定位置を決める)をつくってあげることにより、誰もがお片づけできる仕組みをつくってあげました。リビングと和室をエアーカーテンというもので軽くさえぎることによってお客様がきていてもそれぞれ気配を感じられるエリアをつくりました。

jirei1


 

■T様邸 整理収納事例
—-ご依頼のきっかけ・悩み—-
お子様お二人のおもちゃや本・服が増えて子ども部屋に収まりきらなくなり、どうしたらよいのかわからない。

—-解決・提案—-
窓からの光が閉ざされているのでカーテンを開けることができるように、家具(カラーボックス)を移動させました。遊ぶおもちゃ、遊んでいないおもちゃを分 けていき遊ぶおもちゃだけ出すようにしました。お洋服や本も同じように全て出して見直し、明るく開放的な子ども部屋をご提案しました。

jirei2


 

■T様邸 整理収納事例
—-ご依頼のきっかけ・悩み—-
書類がうまく整理できず、常にあふれてくるので困っている。キッチンとダイニングをこれらが圧迫していてどうしたらいいかわからない

—-解決・提案—-
キッチンとダイニングの通路を妨げていた家具を別場所に移動しました。書類はそれぞれ分類別にわけてファイリング。本は平積みするのではなく、適正な場所にたてて収納することをおすすめしました。

jirei3