【コラム】部屋を広くみせるコツ

部屋を広く見せるコツ
目線が通る場所をつくる

インテリアコーディネートのお客様から

「お部屋を少しでも広くみせたいんです」

とご相談をお受けすることが多いです。

 

お部屋の広さには限界がありますが、インテリアのテクニックで広くみせることができるんです。

 

 

まずお部屋の角やドアから見て、対角線上に目線を遮るものはないですか?

 

 

目線が抜けるだけでお部屋は断然広くみえてくるんですよ!

 

リビングの扉から是非対角線の隅にフォーカスして写真をとってみてください。

目で見るより、写真で見る方が客観的にみえますのでおすすめです。

 

部屋を広く見せるコツ

 

高さのあるものはお部屋の隅におくと、フォーカルポイントとなって広がりがでてきます。

観葉植物や間接照明などがおすすめです。

 

観葉植物の効果

一度ご自宅を他人の家だと思って、チェックしてみてください。

 

カラーコーディネートも重要

色の使い方も大切ですね。

白や薄い色は広く大きくみせる効果があります。いわゆる膨張色といわれているものですね。

 

お部屋の中での色使いを考えると、床壁天井、

そしてそして重要なのがカーテンです。

 

カーテンの色を明るい色にするとお部屋は広くみえてきます。

お色の選び方もそうですが、生地の選択も重要です。

質感のある重い生地のカーテンは避けて、柔らかく 光を通す素材を選ぶといいですね。

 

カーテンの色について

 

ただし窓の幅が狭い場合はローマンシェードなどの方がすっきりします。

 

ローマンシェードとは

 

床にモノを置かないこと

そして最後に大切なことは、、、、

 

モノの定位置をつくり、すっきりといつも片付いた空間にすることです。

整理収納とインテリアコーディネートは切り離せない関係にあります。

 

整理収納だけでも楽しくないし、

インテリアコーディネートだけでも機能的な空間をつくれない。

 

どちらも複合的にコーディネートすることが大切なポイントです!

About bailinterior 89 Articles
株式会社ベイルインテリアでは主にインテリアコーディネート、整理収納を絡めた複合的なサービスを行っております。 不動産の販売支援やゲストハウスの内装、オフィスの整理収納などお気軽にご相談ください。