[コラム]空き家はさまざまな可能性を秘めた宝箱

ある日、大阪市生野区の広報誌を目にする機会がありました。そこには

[生野区内の5軒に1軒が空き家です]

という衝撃的な見出し。

5軒に1軒ですよ!信じられますか?

そして読み進めていくとなんと[生野区は空き家率ワースト3です]と。まだこれより上の区があったのです。またもや衝撃が走りました。

貸すことも売ることもされない(できない)放置されている空き家が多く、
建物を壊して更地にして土地として売ることもしないただ存在しているだけの空き家がとんでもない数あるんです。

以前は1階と2階それぞれ別の方に貸していたそう


今回、そんな空き家のお悩みをお持ちのお客さまからご依頼をいただき、リフォームの打ち合わせのため現地に伺いました。

初めてお伺いするお家だったので、採寸(図面も無いのでその場で手書きで書きます)建物の耐震や構造など調査させていただきました。

もちろん木耐協に加入しているプロの工務店の方と調査いたします。

お客さまのご要望や展望をお聞きしながら空き家の未来についてご提案いたしました。

1階2階を合わせると延べ床面積は120㎡以上!


空き家はさまざまな可能性を秘めた宝箱です。
どうかそのまま放置せずにベイルインテリアへご相談ください。

持ち主の方にも周辺の住民の方にも一番良い形で空き家を再生しましょう。

>>お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

About bailinterior 48 Articles
株式会社ベイルインテリアでは主にインテリアコーディネート、整理収納を絡めた複合的なサービスを行っております。 不動産の販売支援やゲストハウスの内装、オフィスの整理収納などお気軽にご相談ください。
お気軽にお電話ください